ようこそカーテンRoomへ

カーテンの種類

シーン別

部屋の雰囲気とカーテン

カーテン迷い中の方いますよね。私もカーテンをオーダーする際に悩みました。
飽きないようにシンプルな印象がいいような気がするが、でもアジアンスタイルな雰囲気をつくりだしたいだとかとっても迷いました。迷いに迷って部屋ごとに雰囲気を替えすっきりした私です。
あなたも悩んでいることでしょう・・・あなたの目指している雰囲気によってカーテン選びのご紹介をしましょう!

ナチュラル

ナチュラルと言うのは自然な木目などを使用した家具や小物が中心で、カーテンもナチュラルにしたいのならば、自然とナチュラルな雰囲気に交わることが出来るよな色合いである、ベージュやアイボリーカラーを基本としたり、レースカーテンには葉の柄が入ったものなどを選択するのはどうでしょう。間違っても真っ赤なカーテンとか不向きです。

カジュアル

カジュアルは自分の好みの柄、色で個性的な雰囲気です。個性的なんでそれぞれ自分の空間としてくつろぎやすく楽しい雰囲気を作りだすことなのです。たとえば、原色のカラーを使いこなす、または独創的デザインであること、子供の感性を伸ばすような楽しい柄などが良いでしょう。
リビングよりは、個人それぞれのお部屋で楽しむことがいいですね。

クラシック

クラシックとは、ヨーロッパをイメージし格調高い雰囲気作りであることです。家具などは、重厚感がありヨーロッパ調の豪華なイメージなんで、カーテンもそれに合わせたヨーロピアンながらオススメです。既製品の場合はありふれている柄が多く、ちょっと安そうなイメージがありますが、オーダーカーテンの場合は、ヨーロッパから取り寄せているところもあるので、生地もしっかりしているし、柄も数種類があるので、より一層自分のイメージどおりのお部屋が作れるでしょう。

カントリー

カントリーは2つの種類があり、ヨーロピアンカントリーとアメリカンカントリーがあります。その違いですが、ヨーロピアンカントリーの場合、シックでモダンなイメージで、アメリカンカントリーはシンプルナチュラルでスッキリしているというようなイメージです。
それぞれのイメージは違いますが、素材感のある生地を使用したり、小さな小花の柄など、かわいいらしいカーテンなどと合います。

アジアン

アジアンの特徴はわかりやすく言うとリゾートホテルのような雰囲気といったほうがわかりやすいでしょう。竹や麻などの自然な素材を使用した家具などで、カーテンはオレンジやブラウンなどが合います。最近ではこの雰囲気のお部屋が多くなってきてますね。

Valuable information

春日井市で土地を検索

KEIAN(恵安)のPCパーツ通販

2017/7/21 更新

(c) カーテンRoom Allright Reserved.